ファスタナ 運動

ファスタナを飲みながら筋トレなどの運動はやるべき?

筋トレ

 

ファスタナでしっかりと置き換えダイエットをしていれば、筋トレなどの運動をする必要はないのではと考える方もいると思います。

 

答えは、筋トレなどの運動をしないとNGです。

 

確かに、ファスタナで置き換えダイエットを続けていれば、痩せることはできます。

 

でも、ファスタナなどで食事制限だけに頼ってしまうと、一定期間は痩せることができたとしても、ダイエットを止めた途端に、リバウンドして太ってしまう可能性が高くなります。

 

そのため、ファスタナで置き換える+筋トレなどの運動は必要になります。その方がより効果的にダイエットをすることもできるうえに、引き締まった体型を目指すことができます。

 

ファスタナはダイエット用のプロテインなので、主成分に筋肉作りに欠かすことのできないタンパク質(ソイプロテイン)が含まれています。

 

ファスタナを飲みながら正しい運動をすれば、筋肉量を減らさずに基礎代謝を上げていくことができます。基礎代謝が下がってしまうと普段と同じものを食べていても、消費量が減ってしまい太りやすい体質になってしまいます。このように、ダイエット中に運動をせずに同時に筋肉量を減らしてしまうと、いいことはありません。

 

筋トレなどの運動といっても、普段トレーニングをしていない方がいきなりハードな運動をしてしまっても長続きせずに挫折してしまいます。

 

そのため、軽い運動から徐々に体を慣らしていきましょう。例えば普段の仕事であれば、朝の通勤の際や仕事中にエレベーターを使わず階段を使うようにするとか、帰宅時に1駅手前で降りてウォーキングをするとかですね。

 

ファスタナを飲みながら、適度な運動をして、理想の体型を手に入れましょう。


ファスタナを飲んでも便秘や下痢にならない?

便秘

 

ファスタナを飲んで便秘や下痢になることはないのか、女性の悩みでも多いと思いますので、ご説明していきたいと思います。

 

ファスタナは主成分にプロテインが含まれているので、飲み過ぎてしまうと、その方の体質にもよりますが、便秘や下痢になってしまうこともあります。

 

ファスタナに含まれるソイプロテインは消化吸収速度がゆっくりで、消化までに時間がかかるので、胃腸への負担がかかります。

 

そのため、胃腸が弱っている状態でファスタナを飲むと、消化不良によって、便秘や下痢を起こしてしまう可能性もあります。

 

ただ、ファスタナに含まれる成分には、乳酸菌や難消化性デキストリンがあり、これらの成分は便秘や下痢をサポートする効果が期待できます。

 

飲む方の体質や体調も関係してきますが、ファスタナを飲み過ぎることがなければ、品質管理も徹底された安全性の高い健康食品なので、基本的には便秘や下痢を起こす可能性は低いと思います。

 

それでも、ファスタナの1日の目安量を意識しながら、飲み過ぎないように注意はしましょう。

 

⇒ ファスタナの公式サイトはこちら!!【全額返金保証付】